インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS











.

cloud:storage


おすすめのオンラインストレージ比較

オンライン ストレージの種類

同期型として利用

  • クラウドと複数の端末でデータを同期する。
  • 各端末で同じ容量が消費される。
  • Dropbox , OneDrive, Googleドライブなどの標準的な方式

非同期型(NAS型)として利用

  • オンラインストレージにデータを置いて、オンラインの時に各端末から利用する方法。
  • 各端末にデータは置かない。
  • 各端末で容量を消費しない。
  • Google Driveは、「パソコン版 Google ドライブ」ソフトによって、同期しない利用の仕方が公式にサポートされました。
  • 利用制限が多い
    • MicrosoftのOneDriveなら、MS Office形式のみ編集可能
    • Google Driveなら、Googleオフィス形式のみ編集可能
    • Dropboxは専用のアプリをインストールしてこの方式でも可能


オンラインストレージの利用例

オンライン ストレージに置きたいファイル

  • 更新頻度が多く、モバイル含め複数端末から見たいファイル
  • 海外に行った時や急に入院した時にみたいファイル
目的 説明
メモ よく編集するファイル
パスワード ・KeePassのデータ置き場
・安全性の高いストレージを利用する必要がある
・同期が必須

オンラインストレージでなくてもいいファイル

  • 更新頻度が多くないファイル
  • あまりみないファイル(以下のファイルでも閲覧頻度が多いファイルはクラウドに置くこともあります。)
目的 説明
写真 ・データがHDD故障などによって、なくならないようにしたい。
・人を限定して共有したい
・容量が減らないので、以外と多い。(例:30GB)
・PCとの同期は不要
・ブラウザやソフトでプレビューが見やすいのがいい。
名刺
電子書籍 ・自炊PDFなど
音楽 ・音楽聴き放題だと、管理する必要がなくなる。
例:50GB
動画 ・同期不要


オンラインストレージの注意点

漏洩

  • 利用方法を間違えて、公開にしてしまうと、漏洩の可能性があります。
  • アカウントが盗まれると、情報が漏洩してしまいます。

公開設定の利用方法と注意することはもちろん、何をクラウドに置くかも十分検討してください。
特に重要なファイルは、パスワードをかけてください。




僕のオンラインストレージの利用方法

定番のMicrosoft OneDriveかGoogle Driveがいいでしょう。
僕は用途を分けて、両方を利用しています。

クラウド クラウド利用のメモ 置くファイル
Microsoft OneDrive ・容量も少ないので、更新頻度が多く、同期して利用したいファイルを置く。
・Office Onlineで編集可能
・KeePassのデータベース
Google Drive ・同期は不要だが、見たい時があるファイルを置く。
・海外に行った時や急に入院した時にみたいファイルを置く。
 (ただ、飛行機などネットワークが不要な場合も利用したい時は、SDカードに保存しておく方がよい)
・Ankiの共有デッキ
・動画
・PDF




オンラインストレージ一覧

Googleドライブ

PCからの利用方法

  • 「パソコン版 Google ドライブ」をインストールすることで、PCとクラウドの同期なしで操作利用できます。

特徴

  • Officeドキュメントを直接閲覧、編集できる。(Googleドキュメント)
  • 全文検索可能(PDFなど)
  • 写真のOCR機能があるので、名刺管理などによさそう。

注意

  • オフィスをアップロードして、Googleドキュメント編集すると、Googleドキュメント形式になる。

プラン

15GB 無料
100GB 年額 ¥2,500 (月額 ¥250)
200 GB 年額 ¥3,800 (月額 ¥380)
2TB 年額 ¥13,000 (月額 ¥1300)

スマホアプリ

アプリ
GDrive for Google Drive Googleドライブの音楽や写真を直接開ける
Googleドライブとの同期用フォルダー(デフォルトでは「%USERPROFILE%\Google ドライブ」フォルダー)にファイルを保存すれば、クライアントソフトウェアによって自動的にすぐGoogleドライブのオンラインストレージと同期される。
設定を変更すればファイルまたはフォルダー単位で他人に閲覧や編集を許可できる。
規約部分の“ユーザーがコンテンツをアップロードすると Googleに対して、使用、保存、複製、変更、派生物の作成、送信、出版などを行うための全世界的なライセンスを付与することになる”


Microsoft OneDrive

https://onedrive.live.com/

  • Mac用ソフトの「OneDrive for Mac」があり、同期が行える。
  • 特定のフォルダだけを同期可能
標準 5GB 無料
OneDrive Standalone 100G ¥224 /月
Office 365 Solo 1TB ¥12,744 / 年 MS Office付き
当社があなたにライセンスするものを除き、当社はあなたがアップロードするコンテンツの 所有権を主張することはありません。
あなたのコンテンツは、あなたのものです。

PCからの利用方法

OneDriveを同期として利用する


OneDriveをネットワークドライブとして利用する

OneDriveは、WebDAVに対応していますので、ネットワーク ドライブの設定をすることで、同期ではなく、利用できます。



詳細は、Microsoft OneDrive


Dropbox

特徴

  • 同期するフォルダーを指定できる。(iTunesとiPhoneの同期のような感じ)
  • Dropboxのフォルダーの共有も簡単にできる。
  • クラウド上だけでなく複数のマシンで重要なファイルを自動的に同期するので、バックアップになる。
  • Dropboxは同期するフォルダ名は常に “Dropbox” になります
  • AndroidやiPhoneは、同期ではなくクラウド上のDropboxの内容を見る。
  • Linuxのデスクトップアプリがある。
  • Webブラウザで、同期ではなく、閲覧、編集できる。(会社からなど)
  • Dropbox純正のアプリはファイル名検索ができる。全文検索はできない。

注意

  • 無料のBasicプランの場合、3台の台数制限

プラン

Basic 2GB 無料プラン 端末3台の制限あり
Plus 1 TB ¥1,200/月または ¥12,000/年

保存期間:90日間利用していない場合、データ削除される場合あり

規約

あなたが当社サービスを利用してアップロードした書類やフォルダの所有権は、あなたに帰属します。
利用メモ
  • スタートアップを読んで、Dropboxアプリをインストールすると容量が「250MB」アップ


Box

https://www.box.com/ja-jp/home

Individualプラン (個人ユーザ) 無料 10GB250 MB のファイルアップロード制限
Individualプラン (Personal Pro) \1200 100GB 5 GB のファイルアップロード制限


MEGA

https://mega.nz/

  • 無料で50GB
  • Linuxにも対応(Ubuntu, Fedora, Debian, Mint, OpenSuse, CentOSなど)

プラン

無料 50GB 無料
プロ・ライト 400GB \602


pCloud

https://www.pcloud.com/

  • 操作画面の日本語化はされていない
  • Linuxにも対応(Ubuntu, Fedora, Debian)
  • デフォルトではすべてクラウド側にのみ保存される
Plan ANNUAL LIFETIME
Premium 500 GB $ 3.99 /mo
$47.88 /YEAR
$ 175
Premium Plus 2 TB $ 7.99 /mo
$95.88 /YEAR
$ 350


iCloud

https://www.icloud.com/

http://support.apple.com/kb/HT5879?viewlocale=ja_JP

  • iCloud用(写真などの同期用)とiTunes用(アプリや音楽などの購入用)でApple IDを分けることができる。
  • gmaiなどicloudアドレス以外のメールアドレスだと、メール・メモの利用ができない。
ライセンス
5GB 無料
10GB 2,000円/年
20GB 4,000円/年
50GB 10,000円/年


Amazon Cloud Drive(動画や写真用ストレージ)

特徴

  • 基本操作は、ブラウザから行う。アップロード、削除、移動など。
  • スマホソフトの「Amazon Cloud Drive Photos」で、スマホから写真を閲覧できる
  • PC版クライアントで、PCフォルダーと同期できる。(なくなってしまった。。)
  • フォルダをアップロード / ダウンロード する時や、複数のファイルをまとめてダウンロードする際には、デスクトップアプリが必要
  • 他ユーザーとのファイル共有機能はない。
  • Amazon Cloud Driveでフォルダーのアップロードができるのは、Google Chromeブラウザ(バージョン21以上)をお使いの場合のみです。

注意

  • オフィスなど編集可能なファイルを置いておくストレージではない。
  • 編集しない動画や写真などの保存用のストレージ

プラン

5 GB 無料
100 GB ¥2,490/1年間
1 TB ¥13,800/1年間
など
スマホクライアント
  • Amazon Cloud Drive Photos


Amazon S3

ファイルのバックアップやDVDなどの置き場所として利用できるストレージです。

S3にも色々種類がありますが、1ゾーンのストレージクラスを利用することを想定しています。

1GB 10GB 100GB 1000GB(1TB)
ストレージ利用量
(S3 1 ゾーン)
0.0152USD/GB
= 約1.52円
0.152USD
= 約15.2円
(0.0152 * 10)
1.52USD
= 約152円
(0.0152 * 100)
15.2USD
= 約1520円
(0.0152 * 1000)
データ取り出し 0.01USD 0.1USD 1USD 10USD


オンラインストレージ同期ソフトの比較

ソフト 対応OS 対応クラウド 備考
Dropbox デスクトップ アプリ Windows
Mac
Linux
Dropbox 公式
OneDrive デスクトップ アプリ Windows OneDrive 公式
Boxデスクトップ アプリ Windows
Mac
Box 公式
Google Drive Backup & Sync Windows
Mac
Googleドライブ 公式
MEGAデスクトップアプリ Windows
Mac
Linux
MEGA 公式
Rclone Windows
Mac
Linux
Dropbox
OneDrive
Box
MEGA
など
クラウドとのrsyncコマンド
FreeFileSync Windows
Mac
Linux
ローカル
NAS
Googleドライブ
SFTP
FTP
クラウドサービスではなく自分のサーバと同期
OneDrive Client for Linux Linux OneDrive https://github.com/abraunegg/onedrive


オンラインストレージを便利に使うためのソフト

PCとクラウドを同期するのではなく、エクスプローラのように利用できるソフトです。

Air Explorer

  • FREEは、クラウドあたりの1アカウント
  • 1デバイスごとのライセンス

CarotDAV

http://rei.to/carotdav.html

  • オススメ
  • 無料
  • 日本人開発
  • Windows
  • WebDAVのほか、FTP/FTPS、SFTP、OneDrive、Dropbox、GoogleDrive、Box、SugarSync、HubiC、OpenStack Swift、iCloudにも対応

ExpanDrive

  • 有料(49.95米ドル)。バージョンアップは、$24.95
  • クラウドストレージサービスを一括管理できるアプリ
  • それぞれのクラウドストレージをローカルにマウントしていわば外付けドライブのように使用することができます。
  • Dropbox, Google Drive, Box, OneDrive, Amazon S3などに対応


Mountain Duck

https://mountainduck.io/

  • USD 39.00
  • Windows,Mac
One license can be used on any number of computers as long as it is the same user accessing the software.
同じユーザーがソフトウェアにアクセスする限り、任意の数のコンピューターで1つのライセンスを使用できます。


Cyberduck


https://cyberduck.io/

  • Windows,Mac




参考


cloud/storage.txt · 最終更新: 2021/05/08 23:35 by kurihara

ページ用ツール