インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS


CUIソフト

software:version:tig


tigを使いターミナルで効率よくGit管理

tigでのGit操作の流れ

リモートのレポジトリを使う場合の流れ

初回のクローンする場合
git clone https://example.com/ユーザ名/プロジェクト名.git
cd プロジェクト名
初回以降
tig  ← repo ディレクトリで tig 立ち上げて
s で status みて
u で stage に追加して
C で commit して                  1行目にコミットメッセージを書いて:wq
P で push して  (要設定)
リモートレポジトリ(origin)からのデータ取得

Fetchの場合

F で Fetch する  (要設定)   #リモートレポジトリ(origin)からデータを取ってくる

M で Mergeする

Pullの場合

L で pull する  (要設定)   #ローカルレポジトリをリモートレポジトリ(origin)と同期させる


ローカルにレポジトリを作る場合の流れ

初回のローカルにgitを作る場合
mkdir test1
cd test1/
git init
echo aaa > test.txt
git add test.txt
git commit -m "first commit"
初回以降
echo 2222 >> test.txt

tig  ← repo ディレクトリで tig 立ち上げて
s で status みて
u で stage に追加して
C で commit して
リモートにpush
:!git remote add origin git@githubcom:<Account>/test1.git   #リモートの追加
:!git push -u origin master   #リモート(origin)のmasterにpush


キー操作

動作 操作 備考
tigを起動 $ tig #チェックアウトしているブランチのみを表示
$ tig --all #全てのブランチを表示
ビジュアライズされたgit logが表示される
tigを終了 Q Close all views and quit
ヘルプ画面 h Show help view
画面の更新 RかF5 Reload and refresh view


画面(view)の切り替え操作

動作 操作 備考
画面を終了。前の画面に戻る q Close the current view
status画面を表示 sかS(shift+s) ビジュアライズされた git status
Show status view
main画面を表示
tigのmain view
m Show main view
log画面の表示 l (小文字のエル)
branch一覧(refs)を表示
(refs=references)
r Show refs view
以前は、H(shift+h)だった。
tree-viewの表示
ファイラーのような感じ
t tree-viewで、「eキー」でエディター起動
#「h」でのヘルプの内容
View switching
                           m view-main           Show main view
                           d view-diff           Show diff view
                           l view-log            Show log view
                           t view-tree           Show tree view
                           f view-blob           Show blob view
                           b view-blame          Show blame view
                           r view-refs           Show refs view
                        s, S view-status         Show status view
                           c view-stage          Show stage view
                           y view-stash          Show stash view
                           g view-grep           Show grep view
                           p view-pager          Show pager view
                           h view-help           Show help view


Main画面の操作

動作 操作 備考
画面の半分で差分確認 エンター ビジュアライズされた差分の詳細
全画面で差分の詳細 d Show diff view
ビジュアライズされた差分の詳細
#「h」でのヘルプの内容
[-] main bindings
Option toggling:
                           G :toggle commit-title-graph
                           F :toggle commit-title-refs
External commands:
                           C ?git cherry-pick %(commit)


Status画面の操作

動作 操作 備考
ファイルの差分表示 エンター
ファイル編集 差分にカーソルがある状態で、「e」
ファイルのステータス変更 ファイルを選択した状態で、u
commit C(shift+c) git commitと同じくエディターが立ち上がります
1行目にコミットメッセージを書いて:wq
originへpush P(shift+p) .tgircに設定が必要
下記参照
#「h」でのヘルプの内容
[-] status bindings
View-specific actions
                           u status-update       Stage/unstage chunk or file changes
                           ! status-revert       Revert chunk or file changes
                           M status-merge        Merge file using external tool
External commands:
                           C !git commit
#.tigrcの設定内容
bind generic P      ?git push -u %(remote) %(repo:head)
ステータス画面の状態

ファイルを選択した状態で、uで、ステータスの状態を変更しますが、ステータスの意味は以下になります。

Changes to be committed git add したもの
Changed but not updated 変更があったファイル
Untracked files 新しく作成されたファイル


branch画面(refs)の操作

refs=references

動作 操作 備考
カーソルのあるBranchをCheckout C(Shift+c)
カーソルのあるBranchを削除 ! YかNか聞かれる
今のブランチにカーソルのあるブランチをmerge M(shift+m) .tgircに設定が必要
下記参照
#「h」でのヘルプの内容
[-] refs bindings
External commands:
                           C ?git checkout %(branch)
                           ! ?git branch -D %(branch)
#.tigrcの設定内容
bind refs M ?git merge %(branch)


:キーからコマンドを入力

標準では登録されていない操作は、:キーから入力すると行えます。

プッシュ :!git push origin
:!git push -u origin master
リモートのoriginへプッシュ
フェッチ :!git fetch リモート(origin)からデータを取ってくるだけ。
この時点ではローカルのmainブランチには反映されていません.
プル !git pull origin main originからmainへ更新
ブランチを作成 :!git checkout -b <作成するブランチ名>
マージ :!git merge new-branch mainにマージしたい場合、
mainに移動してから、
マージしたいブランチ名を入力する
直前の
コミットメッセージ
修正
:!git commit --amend -m "メッセージ"
直前のcommitを取り消し :!git reset --hard HEAD^
今の状態を取り消し、
commitIDの状態にする
git reset --hard COMMITID


tigの設定(~/.tigrc)

# マウスを有効にする
set mouse = true

# 検索時に大文字小文字を無視する (default: false)
set ignore-case = true

# リフレッシュするタイミング
set refresh-mode = auto
#set refresh-mode = after-command
#set refresh-mode = periodic
#set refresh-interval = 1
キー操作の追加
# set key 'P'
bind generic P      ?git push -u %(remote) %(repo:head)

# set key 'U'
bind generic U      ?git pull %(remote)

# set key 'F'
bind generic F      ?git fetch %(remote)
bind main    F      ?git fetch %(remote)

# Branch Operation
bind refs    M      ?git merge %(branch)
bind refs    P      ?git push origin %(branch)
bind refs    L      ?git pull origin %(branch)

##### Move #####
# set key 'g' / goto file top
bind generic g      move-first-line

# set key 'G' / goto file bottom
bind generic G      move-last-line
bind main    G      move-last-line

# set key 'E'
bind generic E      view-grep

https://github.com/jonas/tig/issues/199


僕の.tig

問題対応

tig起動時に、tig: No revisions match the given arguments.

tigでは、一度もコミットしていない場合利用できません。
まずはコマンドでコミットしましょう。git commit -m "first"

]$ tig
tig: No revisions match the given arguments.
]$


Windowsのtigで、commit時に、Vim: 警告: 端末への出力ではありません

tigで、commit時い以下のエラーがでて、うまくcommitできない問題がありました。

hint: Waiting for your editor to close the file... Vim: 警告: 端末への出力ではありません
Vim: 警告: 端末からの入力ではありません

core.editorの設定しましょう。

$ which vim
/usr/bin/vim
$ git config --global core.editor "/usr/bin/vim"
$ cat ~/.gitconfig 
(略)
editor = P:/win-soft/free/cmder/cmder/vendor/git-for-windows/usr/bin/vim
(略)


参考


software/version/tig.txt · 最終更新: 2021/09/06 01:04 by kurihara

ページ用ツール