インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS


CUIソフト

software:filer:netrw


vim標準のNetrwファイラーの使い方

Netrwファイラーとは

  • vim標準で、環境によっては、設定しないでも最初から使えます。
  • 通常のファイラーとして使うのではなく、ファイル編集のために、ファイルを早く見つけるための簡易ファイラーです。

操作で気になること

  • ファイルの移動・コピーのやり方が独特で、キー操作も多い。そのような操作は普通にシェルでやる方がよいです。
  • あくまで、vimで編集するためのディレクトリを表示するためのファイラーの機能を提供。
    • Netrwではフォルダーコピーができません。


Netrwの起動方法

起動方法

vim起動していない状態

vim . カレントディレクトリを開く
vim DIR ディレクトリを開く
Windowsの場合、vim c:\XX\XX\

vim起動している状態

:e . カレントバッファ
:e DIR カレントバッファ
:Ex(plore) DIR カレントバッファ
:Tex(plore) DIR 新タブ
:Hex(plore) DIR 水平分割した下ウインドウ
:Sex(plore) DIR 水平分割した上ウインドウ
:Vex(plore) DIR 垂直分割した左
:Lex(plore) DIR カレントタブの左側

終了方法

vimと同じように、:qで終了することができます。

:q 終了
:q! 保存せず終了
:qa すべてを終了
:qa! 保存せず、すべてを終了


Netrwのキー操作

移動

j 下に移動
k 上に移動
Enter ディレクトリの場合は移動、ファイルの場合はカレントバッファに開く
- 重要 一つ上のディレクトリに移動
※僕は設定で、「h」でも移動するようにしています
u undo、1つ前のディレクトリに戻る
U redo、uで戻る前のディレクトリに戻る
/文字 重要 検索
c 重要 Netrwのカレントディレクトリを、現在開いているディレクトリに変更
Newrwを終了したら、Newrwを起動したディレクトリになる。

ファイルを開く

Enter 今netrw.vimで開いているバッファの上にファイルを開く
(netrw.vimの画面は消え去る)
o 水平分割で、ファイルを開く
分割後の移動は、 <c-w>h, <c-w>j, <c-w>k, <c-w>l
v 垂直分割で、ファイルを開く
分割後の移動は、 <c-w>h, <c-w>j, <c-w>k, <c-w>l
t 重要 タブで、垂直分割で、ファイルを開く
この方法で編集しないと、ファイル編集終了後にNetrwも終了してしまいます。
※僕は設定で、Enterでもタブで表示するように設定しています。
・gt 次のタブへ
・gT 前のタブへ
・{i}gt i番目のタブへ
:e ファイル名 重要 ファイルを作成して編集
事前にcコマンドでカレントディレクトリを変更しておくこと
x 標準アプリで起動

ファイル操作

d ディレクトリを作成する
Making A New Directory
D ディレクトリ・ファイルを削除する
(ディレクトリに関しては、中が空の場合のみ)
Deleting Files Or Directories

ファイル操作(マーク)

1 「mt」でターゲットディレクトリを指定

2 「mf」でファイルをマーク

3 「mc」でコピー
  「mm」で移動
  「mg」で、vimgrep
  「md」で、vimdiff
マークする
mf ファイルをマークする
Marking Files
※ディレクトリはマークできないので、操作できないです。
mr ワイルドカードを指定してファイルをマークする
Marking Files By Regular Expression
mu すべてのマークを解除
Marked Files: Unmarking
マーク後の処理
mt コピー・移動先のディレクトリをマークする
Current browsing directory becomes markfile target
mc mfしたファイルをmtしたディレクトリにコピーする
Copy marked files to target
mm mfしたファイルをmtしたディレクトリに移動する
Move marked files to target
mx マークファイルにシェル実行。コマンド中の“%“がファイル名
Apply shell command to marked files
md マークファイルにvimdiffを実行。ファイルは3つまで
mg マークしたファイルにvimgrepで検索
Apply vimdiff to marked files
D マークしたファイル、ディレクトリを削除
Delete marked files/directories

その他

:! コマンド 重要 コマンドを実行
:!rm -rf xxxx
:!mv xxx yyy
:!vi xxxx
:sh 重要 シェルを起動。exitでnetrwに戻ってくる

表示

I ヘッダの表示トグル
i ファイルツリーの表示形式を変更
p ファイルをプレビューする
a すべて表示 → 隠しファイル非表示 → 隠しファイルのみ表示
gh ドットで始まるファイルの表示・非表示を切り替える
s ソートの種類を変更(名前 → 時間 → ファイルサイズ)
r ソートの順番を逆にする

ブックマーク

注意:TreeViewで表示していると移動できない。

mb ディレクトリ/フォルダをブックマークに追加する
Bookmarking A Directory
qb ブックマークと移動履歴の一覧を確認する
Listing Bookmarks And History
数字qb 数字で指定したブックマークに移動


Netrw設定

プラグイン読み込み設定

/etc/vimrc~/.vimrc に以下があることを確認。通常は、/etc/vimrcに書いてあります。

filetype plugin on

オススメ設定

~/.vimrcに必要な設定を追加します

" ls -laのような表示になります
let g:netrw_liststyle=1

" サイズを(K,M,G)で表示
let g:netrw_sizestyle="H"

" 日付フォーマットを yyyy/mm/dd(曜日) hh:mm:ss で表示
let g:netrw_timefmt="%Y/%m/%d(%a) %H:%M:%S"

" ヘッダを非表示にする
let g:netrw_banner=0

" プレビューウィンドウを垂直分割で表示する
let g:netrw_preview=1

" 左右分割を右側に開く
let g:netrw_altv = 1

" 分割で開いたときに80%のサイズで開く
let g:netrw_winsize = 80

" 表示形式をTreeViewに変更
let g:netrw_liststyle = 3

" Enterで、タブ表示
let g:netrw_browse_split = 3


参考


software/filer/netrw.txt · 最終更新: 2021/06/18 00:25 by kurihara

ページ用ツール