インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


software:filer:netrw


ファイラーの比較・おすすめ

vim標準のNetrwファイラーの使い方

Netrwファイラーとは

  • vim標準で、環境によっては、設定しないでも最初から使えます。
  • 普段はシェルで操作していて、時々簡易ファイラーを使いたい人向けです。

操作で気になること

  • ファイルの移動・コピーのやり方が独特で、キー操作も多い。そのような操作は普通にシェルでやる方がよいです。


Netrwの起動方法

プラグイン読み込み設定

/etc/vimrc~/.vimrc に以下があることを確認。通常は、/etc/vimrcに書いてあります。

filetype plugin on

起動方法

vim起動していない状態

# vim .
# vim DIR

vim起動している状態

:e .
:e DIR
:Ex(plore)
:Texplore
:Ve             <- 水平分割

終了方法

vimと同じように、:qで終了することができます。

:q


Netrwのキー操作

移動

j 下に移動
k 上に移動
Enter ディレクトリの場合は移動、ファイルの場合はカレントバッファに開く
- 重要 一つ上のディレクトリに移動
u undo、1つ前のディレクトリに戻る
U redo、uで戻る前のディレクトリに戻る
/文字 重要 検索
c 重要 このバッファのカレントディレクトリを、現在開いているディレクトリに変更

ファイルを開く

o 水平分割で、ファイルを開く
v 垂直分割で、ファイルを開く
t 重要 タブで、垂直分割で、ファイルを開く
この方法で編集しないと、ファイル編集終了後にNetrwも終了してしまいます。
:e ファイル名 重要 ファイルを作成して編集
事前にcコマンドでカレントディレクトリを変更しておくこと

その他

ファイル操作は、Netrwでやらないで、シェルでやった方がいいです。

d ディレクトリを作成する
D ディレクトリ・ファイルを削除する
mf ファイルをマークする
mt コピー・移動先のディレクトリをマークする
mc mfしたファイルをmtしたディレクトリにコピーする
mm mfしたファイルをmtしたディレクトリに移動する
mu すべてのマークを解除
mx マークファイルにシェル実行。コマンド中の“%“がファイル名
md マークファイルにvimdiffを実行。ファイルは3つまで
mg マークしたファイルにvimgrepで検索
:! コマンド 重要 コマンドを実行
:!rm -rf xxxx
:sh 重要 シェルを起動。exitでnetrwに戻ってくる

表示

I ヘッダの表示トグル
i ファイルツリーの表示形式を変更
p ファイルをプレビューする
a すべて表示 → 隠しファイル非表示 → 隠しファイルのみ表示
gh ドットで始まるファイルの表示・非表示を切り替える
s ソートの種類を変更(名前 → 時間 → ファイルサイズ)
r ソートの順番を逆にする

設定

~/.vimrcに必要な設定を追加します

" ls -laのような表示になります
let g:netrw_liststyle=1
" サイズを(K,M,G)で表示
let g:netrw_sizestyle="H"
" 日付フォーマットを yyyy/mm/dd(曜日) hh:mm:ss で表示
let g:netrw_timefmt="%Y/%m/%d(%a) %H:%M:%S"

" ヘッダを非表示にする
let g:netrw_banner=0
" プレビューウィンドウを垂直分割で表示する
let g:netrw_preview=1


参考


software/filer/netrw.txt · 最終更新: 2019/05/06 22:56 by kurihara

ページ用ツール