インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS


CUIソフト

hardware:keybord-us


英語キーボードの利用を考える

日本語配列と英語配列の違い

  • 記号の位置がほぼ違います。


Winodwsのキーボード

日本語配列(JIS)

英語配列(US)


Windows英語配列キーボードの日本語入力の切り替え

「半角/全角」キーがないです。

デフォルトの日本語入力の切り替え方法

Windowsのデフォルトでは、「Alt + `」 で日本語入力ができます。

IME設定での日本語入力の切り替え設定

IMEの設定で、「Ctrl + スペース キー」でも日本語英語切り替えができます。




Macのキーボード

日本語配列(JIS)

  • Macの日本語配列だけ、ContrlがAの左にあります。

英語配列(US)

英語配列(UK)

英語配列でも、USとUKは若干違います。


Mac英語配列キーボードの日本語入力の切り替え

「英数」キーや「かな」キーがないです。

デフォルトの日本語入力の切り替え方法

標準では「control + スペース」で切り替えができるようになっています。

「英かな」や「Kanabiner」のアプリによる設定

「英かな」や「Kanabiner」のアプリを使うことにより、
英語配列で「スペースキー」の両隣にある「command」だけの入力を、JIS配列と同じ「英数・かな」に変更することができます。

「command」+他のキーボードの設定はそのまま利用できます。




結論

英字配列にしたくても、会社から支給されるノートPCは、日本語配列のことが多く、指定できない会社もあります。
統一できないのが一番問題だと思います。

今の僕は、会社のノートPCは、日本語配列なので、家やデスクトップのキーボードも日本語配列でいいかなと思います。

ただ、キーボード付きAndroidや特殊なキーボードは英語配列しかないので、引き続き、英語配列にするか検討していきたいと思っています。


hardware/keybord-us.txt · 最終更新: 2021/05/17 00:24 by kurihara

ページ用ツール