インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS


CUIソフト

tips:mht.html


「PC利用Tips」一覧に戻る

Webページを保存する形式はMHTML形式が1ファイルでオススメ

MHTL形式とは

MHTMLは、「MIME Encapsulation of Aggregate HTML Documents」の略
Webページを保存する時に1ファイルで保存するフォーマットです。

拡張子は、「.mht」になります。


MHTML形式の開き方

MHTML形式のファイルをブラウザーにもっていけば開けますが、毎回ですと面倒です。
拡張子に関連付けしましょう。

MHTML形式のファイルをChromeで開く設定

  1. .mhtml ファイルを右クリック > プロパティ
  2. 「プログラム:」 の右の「変更」ボタンをクリック
  3. Chrome を選択してOK
    Chromeがない場合は、「C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe」」を選択しましょう。


ブラウザー別保存方法

ChromeでMHTL形式

  1. アドレスバーに「chrome://flags」と入力してEnter
  2. [Ctrl]+[F]でページ内検索ができるので、「mht」で検索
  3. [有効にする]のリンク文字をクリックして有効にする


FireFoxでMHTL形式

Addonを追加することで、MHT形式でWebサイトを保存することができるようになります。

Mozilla Archive Format ダウンロード
UnMHT ダウンロード


VivaldiでMHTL形式

  1. アドレスバーに「vivaldi://flags」と入力してEnter
  2. [Ctrl]+[F]でページ内検索ができるので、「mht」で検索
  3. [有効にする]のリンク文字をクリックして有効にする


OperaでMHT形式

  1. アドレスバーに「opera://flags」と入力してEnter
  2. 検索窓に「mht」と入力し、設定項目へジャンプ
  3. [有効にする]ボタンをクリックして有効にする


参考


tips/mht.html.txt · 最終更新: 2021/05/08 16:50 by kurihara

ページ用ツール