インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS


CUIソフト

software:portfowarding:index.html


SSHポートフォワードソフトで、SSHサーバを踏み台にその先に通信

SSHポートフォワードとは

直接インターネットやSSHの通信ができない場合、SSHのLinuxサーバを踏み台で経由して、その先のサーバに行けるようにします。

詳細は、SSHポートフォワードで、Linuxサーバを踏み台に、その先に通信 を確認してください。


SSHポートフォワードを行うソフト

WindowsやMacなどのOSの場合、TeratermなどでSSHポートフォワードできるのですが、
専用のソフトがあればより簡単にできますので、SSHポートフォワードツールを紹介したいと思います。


SSH Tunnel Manager

SSH Tunnel Manager

MobaXterm

Puttyに付属する「plink」コマンドでも、SSHポートフォワードができます。

plink.exe -ssh -load PUTTYSESSIONNAME ec2-user@LinuxServer -P 22 -i C:\LINUXSERVERPRIVATEKAY.ppk -v -N -L 10000:WindowsServer:3389 -L 10001:RDS-SQLServer:1433

参考:https://qiita.com/saitotak/items/7b6ea6b5f61668508aa0


software/portfowarding/index.html.txt · 最終更新: 2020/02/21 09:01 by kurihara

ページ用ツール