インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS


CUIソフト

os:windows:wsl2


「OS」一覧に戻る

WindowsにWSL2をインストール

WSL2とは

WSL (Windows Subsystem for Linux)と


WSL2の設定手順

機能を有効にする

「アプリ」→「アプリと機能」→「オプション機能」→「Windowsのそのほかの機能」を選択
「Windowsの機能」が起動してくる。
「Linux用Windowsサブシステム」と「仮想マシンプラットフォーム」にチェックを入れて「OK」
Windows 10を再起動

Linuxカーネル更新プログラムパッケージ

https://aka.ms/wsl2kernel」にアクセスする。
x64マシン用WSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージ」となっているリンクをクリックしてパッケージをダウンロード

WSLのバージョン設定

「wsl –set-default-version 2」と実行して、WSLのデフォルトバージョンを2に設定する。


Ubuntuのセットアップ

Microsoft StoreからUbuntu 20.04 LTSをインストール
最初の起動時にユーザー名とパスワードの入力を求められるので、入力する。
Windows Terminalを起動し、追加されているか確認する。


参考


os/windows/wsl2.txt · 最終更新: 2021/06/28 00:01 by kurihara

ページ用ツール