インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


os:windows:hdd_reduce.html


「OS」一覧に戻る

長年使っているWindowsのHDD枯渇を解消する方法

目的

Windowsは長く使っていると不要なファイルで何十ギガも使ってしまうので、不要なファイルを削除します。


ディスククリーンアップ

削除対象

削除してもWindowsの動作に影響与えないファイル

  • インターネット一時ファイル
  • ごみ箱

手順

  1. システムドライブ(通常Cドライブ)を右クリック
  2. 「プロパティ」を選択し、「ディスククリーンアップ」を開く。


システムファイルのクリーンアップ

削除対象

  • アップデート時に利用されたデータ

手順

  1. Cドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択
  2. 「全般」タブの「ディスクのクリーンアップ」を選択


大きいファイル「C:\hiberfil.sys」の対応

hiberfil.sys(ハイバネーションファイル)

Windowsをシャットダウンせず、休止状態やスリープ状態にする時にメモリー内のデータを一時的にHDDに避難するための領域です。
ハイバネーションファイルは、パソコンに積んでいるメモリーと同じ容量をWindowsのシステムドライブ上に確保する必要があります。


大きいファイル「C:\pagefile.sys」の対応

pagefile.sys(ページファイル)

大量のアプリケーションを起動したりしてメモリが足りなくなった場合、HDDやSSDをメモリ代わりにするための予約領域


専用ソフトで不要なファイルを見つけて削除(CCleaner)

削除対象

  • Webブラウザが利用する履歴やクッキー、キャッシュ
  • 不要なレジストリ


参考


os/windows/hdd_reduce.html.txt · 最終更新: 2019/10/12 23:44 by kurihara

ページ用ツール