インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS











.

os:win-mac-linux.html


「OS」一覧に戻る

デスクトップOSの比較検討(Windows Mac Linux)

OSを選ぶ基準


  • 使えるソフト
  • 使える外部デバイス(キーボード、マウス、スキャナー、プリンターなど)
  • デスクトップやノートPCの特徴
  • 周りの利用者


OS選定のまとめ・結論

いいこと 気になること
Windows ・昔のソフトが動くことが多い
・標準でウィルスソフト
・PCの選択肢が多い
・キーボード、マウスの選択肢が多い
・DVD/Blue-rayクローン(コピー)が無料ソフトが多い
・Windowsの会社が多い
Mac ・Web系エンジニアの情報はMacが多い
・IT企業はMacが使われることが多い
・キーボードが特殊。
・キーボードが限られる
・PCの選択肢がほぼない。
・DVD/Blue-rayクローン(コピー)無料ソフトがない
Linux ・PCの選択肢が多い
・キーボード、マウスの選択肢が多い
・会社での業務用のPCは、Linuxではない。
・確定申告やマイナンバーカード未対応
・iTunes正式対応していない
・DVD/Blue-rayクローン(コピー)無料ソフトがない
・スキャナー正式対応していない

Windowsをおすすめする人

  • ほとんどの人におすすめする。
  • DVD/Blue-rayクローン(コピー)したい人
  • SIer、金融機関

Macをおすすめする人

  • Web系エンジニア
  • iPhone アプリを開発する人

Linuxをおすすめする人

Linuxはサーバ用途でよく使われています。
デスクトップにLinuxを使う理由はないと思います。
デスクトップにLinuxは、趣味です。調べたりするのに、かなりの時間がかかります。
時間は有限です。もっと他のことに時間を使った方がいいと思います。

  • iTunesを使わない人
オススメの使い方

Linuxを使いたい人は、Windowsを買って、パーテションを小さくして、そこにLinuxをインストールするがのいいかと思います。
確定申告などのためにWindowsも使えるようにしましょう。


周りの利用者

PCに詳しくない人は、家族や友達に質問できるように、身近にいる人と同じOSを選択するのがいいと思います。
また、PCに詳しくない人やPCが好きではない人は、会社と同じOSにしておいた方が覚えることが少なくてよいと思います。

  • 家族や友達のOSとそろえる
  • 会社のPCとそろえる
  • Web系エンジニアなら、Macの方が圧倒的に多いです。Qiitaなどの情報もMac前提にしていることも多いです。


どのOS使うかの決め手はソフト

基本的な操作はどのOSでも変わらないといっていいでしょう。
どのOSをを使うかで一番重要なのは、使いたいソフトがOSに対応しているかです。



ただし、最近はマルチプラットフォームのソフトも多いですし、メールもクラウドを利用することが多いので、
ソフトに縛られることも少なくなってきました。

参考:おすすめソフトウェア(Windows, Mac, Linux比較)


外部デバイス

スキャナー

キーボード

疲れない高級キーボードはほとんどがWindows用です。Linuxでもほとんど同じに使えます。

ただ、Macになると一応は使えますが、キーが違います。

Macはキーが独自なので、高級キーボードは使いずらいです。

マウス

WindowsもMacもLinuxも、問題なく使えます。


デスクトップやノートPCの特徴


os/win-mac-linux.html.txt · 最終更新: 2021/02/15 01:05 by kurihara

ページ用ツール