インフラエンジニアのPC環境

インフラエンジニアは常に効率環境を目指している

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム

OS


CUIソフト

os:linux:usblinux.html


「OS」一覧に戻る

設定保存できるLinuxライブUSBの作り方 (USBメモリーにLinuxを入れて利用)

USBメモリーにLinuxとは

USBメモリーにLinuxをインストールすることで、既存のWindows環境を壊さないで、Linuxを試すことができます。
USBメモリーは安く1000円くらいで、32GBを購入できます。

個人的には、会社の出張で、夜PCを使う場合、USBからLinux起動できれば、会社のセキュリティに関係なく、
自由にインターネット利用できるのかと思っています。


仮想環境ではなく、USBメモリーの理由

仮想環境で、GUIを利用すると、遅い感じがしたり、新しめのウィンドウシステムを利用できないですが、
USBメモリーのLinuxは問題ありません。


準備

ISOをUSBに書き込むソフト

ソフト 説明
Rufus
(ルーファス)
オススメ
https://rufus.akeo.ie/?locale=ja_JP
・公式サイトに日本語もある。
・設定保存のOSを作成可能
特徴
・パーテション分けることで、4GB以上の保存領域を作成できる。
・他と比較して書き込みスピードが速い
注意
・インターネットからファイル取得が必要
UNetbootin https://unetbootin.github.io/
・Windows, Mac, Linux対応
・設定保存のOSを作成可能
・4GBまで保存できる。
Linux Live USB Creator http://www.linuxliveusb.com/
Universal USB Installer https://www.pendrivelinux.com/universal-usb-installer-easy-as-1-2-3


USBをFAT2でフォーマット

Windowsの場合、USBメモリーを右クリックして、USBをFAT32で、フォーマットします。
20210116-003619.png_nolink


UNetbootinを利用する方法

UNetbootinは、フォーマットしてくれないので、事前にフォーマットしておきましょう。

設定保存できる最大は、4G

FAT32なので、設定保存できる最大は、4Gみたい。9999MBを指定しても、4Gになる。
USB直下の「casper-rw」ファイル

もっと保存したい場合は、USBにパーテション切ればできるみたい。

BIOSではなく、EFIの場合

BIOSではなく、EFI起動するマシンの場合に設定保存するには設定変更が必要らしい。

boot/grub/grub.confに、「persistent」を追加する

■変更前
menuentry "Ubuntu" {
	set gfxpayload=keep
	linux	/casper/vmlinuz  file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed maybe-ubiquity quiet splash --- debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode?=jp keyboard-configuration/modelcode?=jp106
	initrd	/casper/initrd
}


■変更後
menuentry "Ubuntu" {
	set gfxpayload=keep
	linux	/casper/vmlinuz  file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed maybe-ubiquity quiet splash --- debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode?=jp keyboard-configuration/modelcode?=jp106 persistent
	initrd	/casper/initrd
}


Rufusを利用する方法

Rufusは、最初にUSBメモリーをフォーマットしてくれるので、事前にフォーマット不要です。

  • Rufusの起動
  • 下記の画面で、設定します。

デバイス USBメモリーを選択
ブートの種類 LinuxのISOイメージファイルを選択
保存領域のサイズ MAXを指定しましょう。
FAT32でも、Rufusだと、4G以上作れるらしい。




「はい」を選択します。




「ISOイメージモードで書き込む(推奨)」を選択します。
2,3分で書き込みが終了します。

こんな感じになります。

別パーテションが作られます。


4G以上の保存領域

USBメモリーからのブート

BIOS(UEFI)で、USBから起動するように設定しましょう。

HP PCの場合

  1. コンピューターの電源を入れるか、再起動します。
  2. 画面に何も映っていないうちに、[F10] キーを押して BIOS 設定メニューに入ります。
    BIOS 設定メニューは、一部のコンピュータにf2またはf6キーを押すことによりアクセス可能です。
  3. BIOSが開いたら、ブート設定にアクセスします。
    • ノートブックPCの場合: [Storage] (ストレージ) タブを選択し、[Boot Options] (ブートオプション) を選択します。
    • デスクトップPCの場合: [System Configuration] (システム構成) タブを選択し、[Boot Order] (ブート順) を選択します。
  4. 画面に表示される指示に従って、起動順序を変更します。


DELL PCの場合

DELL XPS 13 の場合

外付けドライブを接続した状態で、F12キーを連打して頂くと、Boot Option画面に外付けドライブが表示されます。


Windowsの場合

  1. Shiftキーを押しながら再起動をクリックしてください。
  2. 「デバイスの使用」をクリック
  3. 「EFI USB Device」を選択します。


Linuxの操作

起動画面で、 「Ubuntuを試す(Try Ubuntu without installing)」 を選択しましょう。





「OS」一覧に戻る


os/linux/usblinux.html.txt · 最終更新: 2021/01/16 15:51 by kurihara

ページ用ツール